医療事務資格:体験談

産後、それまで勤めていた会社を辞め、一旦育児に専念してからの仕事探しという場面に直面し、なんらかの資格が必要かなと思い始めています。そんな中で育児との両立を考えた時間帯での仕事を考えた場合に、病院での事務であれば比較的年齢が高くても仕事があるのではないかと思い、興味を抱きました。通信講座であれば、育児や家事との隙間時間に時間を調整しながら取り組むことができると思ったためです。また講座を受講し、試験に合格すれば資格が取得できるという点では、確実に取得しやすいと感じました。さらに、費用料金についても、分割などでの支払も可能であるため、主人に相談することなく始められる範囲内の受講料であることも魅力に感じました。

医療事務のレッスンを受講して感じたメリット、デメリット

まだ受講を検討中ですが、受講をした知人によるとそれほど難しい内容ではなく、添削問題などを丁寧に説いて、最後の試験に合格できれば問題なく資格取得は可能な点がメリットであると感じています。その分、資格をとったからといって必ずしも仕事に直結するような資格でもないのはデメリットかと思います。講座費用は平均して7~8万円なので、他の資格がもっと高いことと比べると、使える資格としてはメリットを感じます。また、少し費用は高いのがデメリットですが、医療事務に関する派遣会社が行っている講座を受講すると、修了者には仕事の紹介もしていただけるようなので、仕事に生かせるという面ではメリットが大きいのではないかと思います。

将来的に医療事務資格を生かしてどう活動していきたいか

これまで医療分野の仕事についたことがないため、女の世界という印象が強い職場が本当に自分に向いているのかはわからないため、とりあえず医療事務の仕事につけるように職探しをしていきたいと思います。医療事務は経験が必要とよく聞くため、資格が取れたからといっても初めは就職すら厳しいのではと思いますが、なんとか職を得て経験を積みながら自分に合った分野の病院で働く機会を得られたらと考えています。医療分野が自分にも向いていると思えたら、そのほかの調剤事務などの資格にもチャレンジしながら、より幅広い業務を行えるようにスキルアップをしていきたいです。子育てが一段落した将来的には、これまで自分が培った事務職や英語等のそのほかのスキルと医療事務との経験を活かして医療通訳などそのほかの分野にもチャレンジしたいと思います。